#テガキックス #ニュースクール #ニューバランス #newschool #newbalance #atribecalledquest #peoplesinstinctivetravelsandthepathsofrhythm #phifedawg #Qtip #alishaheed #jarobiwhite #ATCQ #トライブ #アトライブコールドクエスト #テガキ

f:id:hynm_show5:20180426180909j:plain

f:id:hynm_show5:20180426180942j:plain

 

f:id:hynm_show5:20180426181024j:plain

 

Phife Dawg's lyrics "I sport New Balance sneakers to avoid a narrow path," on A Tribe Called Quest's 1991 track "Buggin' Out" was a reference to one of the brand's ads.

www.ispot.tv

 

www.youtube.com

 

f:id:hynm_show5:20180426183116j:plain

 

www.instagram.com

- the NY.. - sunset NY session DJ SPINNA / DJ NORI - 2hours × 2 SET - フライヤー描かせて頂きました!   & Daniel Wang presents Disco! Disco!! Disco!!! #ボナペティします

f:id:hynm_show5:20180423152842j:plain

フライヤー描かせて頂きました!!!!!
NORIさんもSPINNAも大好きなので似顔絵描けてめっちゃ嬉しかったです!
オッパーラでのtheNY、超楽しそうなのでお時間ある方は是非!
- the NY.. -
 
sunset NY session
DJ SPINNA / DJ NORI
- 2hours × 2 SET -
 
flyer art
$HOW5 ( #テガキ )
 
soundsystem & pa
matumoto onkyo
 
charge
3000yen
 
date
2018 . 5 . 5
14:00 - 22:00
 
biglove
AHB Production
Tree
ONE POINT
 
total info
0466 54 5625
 
 
そして翌週は毎年、早い時間から盛り上がるこのパーティー!!!!!
僕ら #ボナペティします はオープニングDJをさせて頂きます!
是非、5/12(SAT )空けておいてください^^
 

f:id:hynm_show5:20180423154456j:plain

STUDIO:
Daniel Wang (Balihu Records)
Monkey Timers (Disko Klubb)
Jun Kamoda (Mister Saturday Night | Black Acre)

Opening DJ:
bon appétit ($HOW5#テガキ & KAI)

CONTACT:
-Mild Bunch Sound System Lounge-
Eug (Public Release | FACE | SF)
Sam Fitzgerald (TNP | vendor)
Mild Bunch Sound System
(EZ, FRAZER, FRAN-KEY, KUN, MAXXRELAX)

PHOTO: Niiiyan
FOOD: Edie (青山蜂)
RELAXATION: NUUMO
DISCO HELL: NAGOYA

produced by PRIMITIVE INC.

Daniel Wangの愛をたっぷりと詰め込んだ虹色のパーティーDISCO! DISCO!! DISCO!!!

1年に1度の虹色のパーティー“DISCO! DISCO!! DISCO!!!” 再びDaniel WangがContactに帰ってきます。古くはニューヨーク、現在はベルリンへと、つねに最先端のダンスミュージックが生まれる場所を拠点にしつつも、全く影響を感じさせない七色のパフォーマンスはダンスフロアを笑顔で埋めつくし、音楽を通して喜びを伝えることができるDJとして世界中から愛されています。Daniel Wangと一晩を過ごす国内陣は(((さらうんど)))としての活動やラッパーのイルリメとしても知られるJun Kamodaと、新世代のブライテストホープMonkey Timers。さらに来日を記念して作られたDaniel Wangが主宰する”Balihu Records”とbalのアイテムも数量限定で販売をします。ラウンジには野村訓市が率いるMild Bunch Sound Systemが、サンフランシスコから話題のカルトレーベル”Public Release Recordings”主宰のEugene “Eug” Whangを迎えて登場。強力ラインナップと共に徹底的にディスコする一夜です。
文: Yoichi Oyama (PRIMITIVE INC.)

「Daniel Wang gives all his love for the party DISCO! DISCO!! DISCO!!!」

The annual party “DISCO! DISCO!! DISCO!!!” invites Daniel Wang back for a colorful evening at Contact. From New York to Berlin, always keeping up to date with the latest dance music scene, Daniel Wang brings smiles to the dance floor through his music. Jun Kamoda and the new generation of house Monkey Timers will be supporting the headliner. In the Contact floor, Mild Bunch Sound System crew navigates the evening with San Francisco’s label owner of “Public Release Recordings”, Eugene “Eug” Whang. There will also be a limited number of merchandises produced by Daniel Wang’s “Balihu Records” and bal.

Open 10PM
¥1000 Before 11PM
¥2000 Under 23
¥2500 GH S Members
¥3000 w/F
¥3500 Door

 

 

 

 

 

本日19:00~23:00 終日one にてBGM係(DJ)やってます!

本日19:00~23:00 終日one にてBGM係(DJ)やってます!

ナオヒロックさんが店長の代々木上原徒歩2分のカフェです。

 

小田急代々木上原駅に降りたら、南口を出て徒歩2分。井の頭通り沿い

代々木上原駅から146m

東京都 渋谷区 上原 3-44-11

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13190294/

f:id:hynm_show5:20180420161645j:plain

 

ナオヒロックさんは今日スチャダラパーのシンコさんのパーティーで

ゲストDJなので、お時間ある方は流れましょー

 

www.instagram.com

 

 

 

f:id:hynm_show5:20180420161713j:plain

”超外人でごめんね” ニック&ぶらっくさむらい

f:id:hynm_show5:20180326133247p:plain

JP THE WAVYの”超WAVYでごめんね”のカバー、パロディーが

どんどん、たくさん出て来てますね!!!!!

なかでも、これ ”超外人でごめんね” ニック&ぶらっくさむらい

かなり面白かったです!

 

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

www.youtube.com

i-d.vice.com

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

#ドクターマーチン #テガキ #handrawingssssshit オジカン アルカタ ゼヒッ 3/31 15:00〜17:00 pic.twitter.com/sRbdANKhwc

— $HOW5#テガキ_bonappetit (@SHOW5ORIZINAL) 2018年3月25日

 

 

 

 

 

アシタ!3/20(火) 21:00-5:00 YELLOW CARD at bonobo #おおっとイエローカードだぁっ (まるで海外留学状態のパーティーです)

f:id:hynm_show5:20180319031318j:plain

毎回かなり大入りで 神宮前 bonobo盛り上がるパーティー!!!!!

外国のお客様も多くて留学状態のパーティーです!

少しでも気になった方は面白いので是非一度遊びにきてください。

1Fは ディスコ/ハウスをメインに

2Fの座敷ではHIPHOPやR&B、和物などかなり自由な選曲です。

 

 #おおっとイエローカードだぁっ

///Yellow Card///

2018/03/20 (Tue) 21:00-
@bonobo
door 1500yen/1d

-1F-
KZA (Force Of Nature)
TATSU (Tokyo Wasted)
bon appétit ($HOW5 & KAI)
YUKIO

-2F-
22dGree
PQ (FEEL LIKE MOVIN)
Pocho in the house (RMEDY)
Takuya Honda (Too Young To Love)
YUKIO, $HOW5


-Flea market-
psycobeliever

 

 

Tuesday
20 Mar 2018
21:00 - 06:00

Bar Bonobo
2-23-4 Jingumae Shibuya-ku Tokyo
 

Japan

  Japan

 

bonoboは こちらです→ 渋谷区神宮前2-23-4

 

2Fの様子

www.instagram.com

www.instagram.com

1Fの様子

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

 

www.instagram.com

jp.residentadvisor.net

https://www.facebook.com/events/117092339069800/

 

 

アジアのTRAP 新しい音楽がヤバい その3 "英語わかりません" #MIYACHI ”超WAVYでごめんね”#JPTHEWAVY #YENTOWN #YDIZZY #BADHOP #LICKG #ゆるふわギャング #elleteresa #KICKASHOW #REICHI

 

続いては日本!

おもしろいのが沢山ありあすぎて、細かく書ききれません・・・

もっと前からやってる方もいっぱいいますが・・・

とりあえず 最近気になったのをあげてみました。

どんんどん面白い曲が出て来ていますね!

 

でもって 詳しい人いたら 教えてください(笑)

 

 

MIYACHI 

f:id:hynm_show5:20180319015927p:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

JP THE WAVY

 

www.youtube.com

 

i-d.vice.com

www.youtube.com

 

YEN TOWN

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

BAD HOP

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

LICK G

 

www.youtube.com

 ゆるふわギャング

www.youtube.com

www.youtube.com

 

KICK A SHOW

 

www.youtube.com

 

REICHI

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

キョウハ コチラ!!!!!

show5.blog.houyhnhnm.jp

アジアのTRAP 新しい音楽がヤバい その2 #Yaeji #CL(2NE1) #BOBBY (IKON)

前回に書いたRich Chigga (Rich Brian) も見た目とのギャップに

衝撃だったのですが・・・

今回はこの方 ”Yaeji” 

SHAKKEくん Keita Takahashi (@shakke_konair) • Instagram photos and videos

が終日ONEのDJでかけていて教わったのですが これ衝撃です。

f:id:hynm_show5:20180312002048p:plain

 

 

 

www.youtube.com

もともとピッツバーグのアートカレッジ出身らしく

トラックも映像もクオリティーが高いですし、自分でディレクションしていて

オリジナリティーに富んいます。

 

彼女は TRAPがメインのアーティストではなく、ハウスのトラックがメインです。

NYで育って活動もNYなのですが・・・

韓国語やアジアの言語やイメージを使った楽曲が多いです。

 

NY でのBoilerRoomのDJでも様々なジャンルをかけているのですが

多ジャンルをプレイするDJにありがちなバラバラした印象がなく

不思議な一体感がありとても素晴らしいDJセットです。

色んな意味であたらしい。

 

www.youtube.com

 

fnmnl.tv

 

 

続いては

正反対のK POP世界から・・・

こないだのピョンチャンオリンピックの閉会式で

強烈なパフォーマンスを見せた

元2NE1の"CL"。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.instagram.com


そもそもこのPVとRAPPERS REACTを見てから、僕はアジアの 音楽に

興味を持ったのですが・・・このCLの存在感はハンパないですね。。。。

USのアーティストすら超えてやるっ!ってくらいの気合いが

ビシビシ伝わってきます。

アイラインもヤバイし、アイドルなのに喧嘩上等スタイルというか・・・

リアーナからもBAD BITCHESの称号もらってるみたいです・・・笑

ダンスのクォリティーが凄く、

バックダンサーはジャスティンビーバーのダンサーを使ってるらしいです。

 

さらにWU TANGのMETHOD MANのカバー曲もあり、

90HIPHOPやHARD COREな姿勢に対するリスペクトが感じられます!

 

で、注意するべきは 国レベルで ”これがPOP MUSIC”として成立している”

凄さです。オリンピックの閉会式に出てるワケですから・・・

ダンスミュージックにおける基礎の土壌が全然違います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

 

こうなってくると、アンダーグラウンドのアーティストも増えてきたり

Yaejiのようなアーティストが注目されたり、

ダンスミュージック全体のレベルが多角的に広がってきています。

 

 

では もう一人K POPアイドルの世界から

BOBBY (IKON) 

f:id:hynm_show5:20180312004449j:plain

本の雑誌でもキャムロン(下)を元ネタにした格好で登場しています。

そこからわかるように、

アイドルとは思えない 何でもノリこなすラップが聴けます。

f:id:hynm_show5:20180312004549j:plain

 

恋愛の曲から色んなタイプの曲に自由に乗りこなしています。

TRAPの場合、韓国語の方が日本語よりリズム感が良く、ボディーランゲージに近くて

遅い速度のBPMに合うのかなと思ってしまう位です。

 

数年前までの KPOPのラップの曲はDiploみたいなのを基礎に

作ったようなものが多かったですが、

ここにきてTRAPベースのR&Bなども増えて今のUSを貪欲に吸収して、

すばらしい土壌をPOPの世界で築いている様に思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

f:id:hynm_show5:20180312110349j:plain

 

 さらに、

TRAP以降の POP MUSICとして・・・

韓国国民の妹とも言われている歌手、IUのトラックは

JAZZ的な音色とTRAPのハイハットの相性が良い事にすでに

気づいていて・・・(JAZZは もともとハイハットがツーツッツ ツーツッツ・・・を多用してる)

JAZZやフュージョンの要素にTRAP的ハイハット

持ち込むようなアプローチでも曲を製作しています。

 

最新を追うだけでなく、ブラックミュージックを辿って消化して

POP MUSICのシーンでここまでトライしているのは正直驚いたし、

これからも素晴らしい曲が産まれていく土壌がどんどん整っているし、

韓国のエンターテイメントのレベルは本当に凄いなぁ。。。。。

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

f:id:hynm_show5:20180312170614j:plain

 

 

 幾つかこの手の曲をiMUSICのプレイリストに集めてみました。気になった方は是非。

曲:プレイ リスト

 

 

いろいろ調べてたらこんなのも!

今、コリアン・ヒップホップが熱いんです! | GINZA | CULTUREhttps://ginzamag.com/culture/korean-hiphop/

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそもTRAPって???って方はこちら

www.youtube.com

 

 

 

 

 

アジアのTRAP 新しい音楽がヤバい その1 #RichBrian #Kris Wu feat Travis scott etc

K POPが好きな人はわかるとおもいますが

EXOというグループのKris Wu。パタリロのバンコランかよってくらいの

超イケメンがいるのですが、

彼がソロ活動になってからなんと

Travis Scottをフューチャーしてかなりヤバイ曲を作っています!

アジア人の声で こんな色っぽい曲、つくれるなんて凄いですね。

今、世界規模で盛り上がっている新しいHIPHOP(TRAP)が、

日本では 規模感として他の国と比べると置いてけぼりで・・・

(カッコイイアーティストは沢山いるんだけども・・・もったいない!)

「知らない君らは遅れてました」的な印象がありますが

どんどん世界にチャレンジしてる アジアのアーティストは凄いですね。

アルバムが楽しみです!

 

 

f:id:hynm_show5:20180305063547j:plain

www.youtube.com

 万が一 Travis Scottの規模感がわからない人にはライブ映像を・・・(一応。)

www.youtube.com

 

 

続いては最近この番組にハマっているのですが

 USのラッパーにアジアのPVを見てもらって評価してもらう番組

"Rappers React"というのがございます。

そこに出て来た RICH CHIGGA (Rich Brian)というラッパーが

かなり衝撃的です。

まずこの見た目から想像もできない声質とクウォリティー。

しかもまだ16才のインドネシアの青年という事実に皆、衝撃を隠せません。

元々は彼はコメディー動画を作っていたらしく、わざと変なポーチの付け方したり演出が面白いです。

 

 

www.youtube.com

さらにゴーストフェイスキラーは何度もDOPEだと言っていて

かなり気に入った様子。この番組からリミックスにまで発展していますw

一躍 時の人となったRICH BRIAN。

すでにリリースされている”AMEN”というアルバムもかなり完成度が高いです。

 

www.youtube.com

 

f:id:hynm_show5:20180305064618j:plain

 

もちろん2014年とか 以前から

日本のKOHHと"I G MA"って素晴らしい曲を作ってASAP FERGなどとリミックスを作っている韓国の Kith Apeや Okasianなど 活躍しているラッパーはいたのですが、

菊地成孔 日韓合作ラップ Keith Ape『It G Ma』の意義を語る

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ここに来てK POPを飛び越えて、本気でUSのレーベルと契約する

アーティストやSNSやインターネット上から

飛び出してきたような ジャカルタのRichBrian。

さらに広がりが出て来ています!!!!!

 

 

そして、テレビでHIPHOPが禁止にまでなってしまった中国からは

このグループ!HIGHER BROTHERS

 "MADE IN CHINA"って曲が特に面白いです!

今月のThemマガジンのモード特集で表紙になってるFamous Dexも参加しています。

2014年くらいからのモードを説明する上では欠かせない

TRAP、新しいHIPHOPの要素がもっと

ファッション雑誌やお茶の間にもガンガン出て来て欲しいなぁ・・・。

 

正直、今のTRAPってパンク誕生やアシッドハウス誕生に匹敵するようなメインムーブメントだから、

ヒップホップはちょっと・・・とか言ってる場合じゃないし

もはやTRAP抜きにモードを説明する事なんてできないんだケドなぁ・・・。

アトランタのフューチャーがVIPとしてパリコレを見に行ってる時代・・・

 

 

それはともかく

 

こんなにも世界中のいたるところで自由な表現ができるフォーマットで

世間的にダサいものすら だんだん魔法のように格好良く見えてくるから、やっぱりHIP HOPって面白い。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com


f:id:hynm_show5:20180305070221j:plain

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそもTRAPって???って方はこちら

www.youtube.com

 

 

ロックはアメリカの黒人の発明? #カルチャー勉強会1

ここ最近、とある事がキッカケでカルチャー勉強会と題して、

音楽を軸にしながら 毎週 勉強会、ディスカッションを行っています。

せっかくなので そこでの資料をご紹介していこうと思います。

 

第一回は "ロックはアメリカの黒人の発明?" です。

 

f:id:hynm_show5:20180213075347j:plain

Little Richard & The Beatles

 

実は、ビートルズの超初期のナンバーはUSブラックミュージック

R'nRやR&Bのカバーが多い。

デビュー前はモッズヘアではなく、ロッカーズファッションだったし

ジョンレノンはテディーボーイ(UKのロカビリー この時点でジョージコックスを履いている!)で

ブラックミュージックのR'nRやR&Bのカバーをやっていた。

 

 

UKの不良がUSのブラックミュージックが好きなのは、すでに50年代から

初まっていたんですね。

 

この写真からもわかるように

若き日のビートルズのメンバーが嬉しそうに囲んでいる真ん中の人物が

R'nRのスター、リトルリチャードです。世界のビートルズからの尊敬の眼差しに

彼もとても嬉しそうです!

 

 

以下を聴いてみてください。

The Beatles

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

Little Richard - "Long Tall Sally" - from "Don't Knock The Rock" - HQ 1956

 
 

The Beatles - Long Tall Sally - Live

 
 
 

Isley Brothers - Twist and Shout

 

The Beatles - Twist and Shout

 
 
 

The Marvelettes - Please Mr. Postman (1961)

 

Please Mr. Postman - The Beatles

 
 
 
この後、反対にビートルズのオリジナル曲を演奏するR&Bやソウルシンガが増えて、お互いに影響を与えあっていったのは とても面白いですね!
 
 
 

f:id:hynm_show5:20180213075925j:plain

続いてはモッズといえばやはりこのグループです。
モッズがUSのモダンジャズR&B、からスカ(スキンヘッズ)を聴いていたのは
良く知られていると思いますが、
カバーするアーティストも
このアルバムではJAMES BROWNのカバーが多く、
より濃〜〜〜〜いところに攻めています。
 
いかにUSのブラックミュージックがUKロックのバックボーンになっているか
良くわかります。
 
 
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
 
 

James Brown & The Famous Flames - I Don't Mind

 
 

The Who - I don't mind

 
 
 
 

James Brown - Please, Please, Please

 

The Who - Please, Please, Please HD (with lyrics)

 
 

Martha & the Vandellas - Heatwave

The Who - Heat Wave ("Les Mods", 1965)

The Who - Heat Wave ("Les Mods", 1965) - YouTube

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

そもそもリーゼントも当時、黒人が強引にストレートパーマを当てた
リトルリチャードのような髪型を白人がマネしたものが最初だったそう。
つまり、ややこしいですが・・・
白人に憧れた黒人の髪型に白人が憧れるというサイクルを経ています(笑)。

  

では ちなみに、

50年代のUSで ロックンロールが誕生した瞬間は

どの様な感じだったのでしょうか ?

 

やはりチャックベリーのこの曲でしょう。

Chuck Berry - Johnny B. Goode

 
 
おそらく、この50年代に手っ取り早くタイムスリップできるのは、この映画だと思います!
 
この曲を マイケル J フォークスが弾いて大盛況!
電話でチャックベリーに聴かせるシーンまで ちゃんとあります。(笑)
 
 

Johnny B. Goode - Back to the Future (9/10) Movie CLIP (1985) HD

 
 
 
 
もちろんこの曲もプレスリーBeatlesもカバーしていて、
Beatles日本公演の前座ではなんとドリフターズがリトルリチャードのカバーをやっています。
 さらに
日本でロックンロールと言えばエイちゃんのCAROL、尾藤イサオさんや 内田裕也さんもチャックベリーや リトルリチャードをカバーしています。
 
 

Johnny B Good - Beatles (Best Version)

 
 

ドリフターズBEATLES日本公演前座映像

 
 

CAROL LASTLIVE 12:28

 

内田裕也&1815ロックンロールバンド witrh クリエイション (ロックンロールメドレー)

2:00
 
 
これらはロカビリークラシックですが、
今振り返ると もはやロックのクラシックですね。
 
 
この辺りまでくると身近に感じていただけるのではないかと思います。
 
 
この他にも
そもそも ブルースに影響されているストーンズやクラプトンなど、
挙げていけばキリがないのですが・・・
 
 
 

Rolling Stones(UK rock) & Muddy Waters(blues) "I'm a man"

 
 
 

B.B. King(blues) ft. Eric Clapton(UKrock) " Riding With The King ( official video and lyrics)"

 
 
 
 
今世界を圧巻しているTRAPもそうですが、アトランタニューオリンズ
などアメリカ南部のブラックミュージックは
様々な時代で世界中に影響を与えていますね。
 
 
いやー久々に聴くといいですねー
ロックンロール
ヨロシクッ
 
 

参考文献

出典:ザ ストリートスタイル 高村是州 

 

 

f:id:hynm_show5:20180213114503j:plain

f:id:hynm_show5:20180213114515j:plain

 

 

f:id:hynm_show5:20180213114544j:plain

 

f:id:hynm_show5:20180213114553j:plain

f:id:hynm_show5:20180213114744j:plain

f:id:hynm_show5:20180213114805j:plain

『今日は一日”RAP”三昧』書き起こし記事まとめ & 2000年リバイバル VON DOUTCHキャップ

最近友達と話していた

NHKラジオで10時間で一気に1973年のHIPHOP誕生〜2018年の今まで振り返る

『今日は一日”RAP”三昧』が面白くて。

www.nhk.or.jp

 

10時間で一気に放送していたために聞き逃したりした人も

多くて、HIPHOP好きな人はもちろん、

実際は一部の時代(90年代だけ好きとかギャングスタラップだけとか、日本語だけとか その逆)だけ好きな人の方が僕の周りには多いし、

全部わからない人の方が圧倒的に多いと思う。

そんな人が、全体像をおおまかに把握するにはとても面白いと思うし

もはや”HIPHOP”の歴史は45年近く経過していて

ロカビリー、ハードロック、パンク、メタル、ハードコア

グランジメロコアなどサブジャンルを統合した”ROCK”と同じくらい

とても”広義的”な意味となっている。

さらには2017年、USチャートにおいて”ROCK”を超える

パーセンテージとなっている。

 

途中からしか聴けなくて後悔していたのですが・・・

さすが2018年、素晴らしいサイトがございました!!

丁寧に その書き起こし記事が記録されています。

そこでかかった曲もリンクが丁寧に貼ってあります。

 

なんて最高な教材なんでしょう!

miyearnzzlabo.com

 

 

 

で、最近 2018年において 2000年代リバイバルを少しづつ感じるのですが

当時JAY Zやジャスティン ティンバーレイクや沢山の人が着てた

”VON DOUTCH”のキャップ。今安いので(笑)ふざけて被ってたのですが

 

最近またKylie Jennerや  今のビッグヒットを叩き出している

最前線のラッパー Lil Uzi vertやPlayboi cartiが着用しています。

 

show5.blog.houyhnhnm.jp

 

f:id:hynm_show5:20180130150931j:plain

JAY Z

 

f:id:hynm_show5:20180130150509j:plain

f:id:hynm_show5:20180130150523j:plain

f:id:hynm_show5:20180130150542j:plain

 

 

 

 

 

Tom of England aka Thomas Bullock Japan Tour タイヘン アリガトウゴザイマシタ!!!!!! #ボナペティします シマシタ

Tom of England aka Thomas Bullock Japan Tour タイヘン アリガトウゴザイマシタ!!!!!! #ボナペティします シマシタ

 

とにかく最高の一日!

Thomasは 出だしから聴いた事ないボムが炸裂していた。

さすが新しい事をどんどん開拓してきたレジェンド。

メインフロアを絶えず湧かせていた

FORCE OF NATURE , MONKEY TIMERS

ラウンジのTAKIMI KENJIさんや他のフロアも かなり贅沢で最高すぎる一夜でした。

 

早い時間から 友達も沢山きてくれて本当に嬉しかった(T0T)

 

 

そんなこんなで結局朝8時すぎくらいまで・・・

翌日 起きたら夜19時でした(笑)

 こんな最高なパーティーをメイクしてくださったPRIMITIVEincの皆様

四つ打ち 東京最高の音響、環境を誇るクラブ コンタクトの皆様

遊びに駆けつけてくださった皆様

 

大変ありがとうございました!!!!!!!!

 

 

f:id:hynm_show5:20180129130048j:plain

f:id:hynm_show5:20180129130101j:plain

f:id:hynm_show5:20180129130116j:plain

f:id:hynm_show5:20180129130137j:plain

 

f:id:hynm_show5:20180129130153j:plain

某CITY雑誌 スナップ & #ボナペティします 1/27Tom of England aka Thomas Bullock Japan Tour #DISCO最強最高ラインナップなので少しでも興味ある方は絶対来た方がいいと思います!!!!!

 

 

 

f:id:hynm_show5:20180122061559j:plain

 

 

2月の 某CITY雑誌のスナップに カスタムアイテムの特集ページに出させて頂きました。

昨年のアストアロボットさんでの展示会用として描いた

マルコムマクラーレンのスノーコートが紹介されています!!!!!

是非 書店にてご覧下さいませ。

 

www.instagram.com

show5.blog.houyhnhnm.jp

 

 

その他のデザインのコートやワイルドバンチ等の Tシャツは販売中です。

もし気になった方は店頭もしくは こちらのオンラインへ

(Tシャツは通販可能)

A STORE ROBOT アストアロボット Seditionaries セディショナリーズ

f:id:hynm_show5:20180122062924j:plain

aalabさん ありがとうございます!

www.instagram.com

 

 

そして遂に!!! DISCO好きな人には待ちに待ったこの日が!!!!!

5年ぶりのトーマス来日です!ヤバッ!!!

 

#DISCO最強最高ラインナップなので少しでも興味ある方は絶対来た方がいいと思います!!!!!

#参加させて頂いてあまりにも光栄です

 

 

f:id:hynm_show5:20180122063215j:plain

f:id:hynm_show5:20180122063236j:plain

 

しかもこのTom Of Englandのロゴ、

 

パレスの△ロゴをも生み出した 天才グラフィックデザイナー "ファーガス パーセル"がデザインしています。

f:id:hynm_show5:20180122064045j:plain

 

 

初期のサイラスからパレススケートボード

マーク ジェイコフスなどの大きな仕事から

ごく最近では Parisを拠点に活動するBiscuit とPAMのミーシャの新たなプロジェクト GOOD MORNING TAPES のグラフィックもやっています。

とにかくグラフィックが神。

 

supply-tokyo.blogspot.jp

WillBankheadのTTTからのテープも 当然このロゴで出ています。

 

f:id:hynm_show5:20180122065236p:plain

The Trilogy Tapes – Page 2

 

 

 

f:id:hynm_show5:20180122063425j:plain

 

そして当日、そのTシャツも発売されます!はやく着たいっー!

 

その

Tom of England aka Thomas Bullock は

DJコンビ Rub n Tug のエリック ダンカンの相方であり

DJ HARVEYとのMap Of Africaで活躍してきた要注意人物です!

 

ディスコが好きな人はもちろん、こういうカルチャーが好きな人にも

ハウステクノにおいて、東京のトップクラブであるCONTACTにおいて 

バックボーンを感じてもらえる良い機会だと思います。

 

僕らがこんな場所でプレイできるのも、もうなかなか無いと

思うので、

とにかく足を運んで体感して欲しいです。

 

 

www.contacttokyo.com

 

www.mixcloud.com

 

f:id:hynm_show5:20180122070533p:plain

 

Studio:
Tom of England aka Thomas Bullock (Rub N Tug | Map of Africa | STD Records) 
Force of Nature
Monkey Timers (Disko Klubb)
bon appétit ($HOW5#テガキ & KAI)

Contact:
Kenji Takimi (Crue-L | Being Borings) 
YOPPI (Hombre Nino | XLARGE®)
SMS (Woo)
RON (Woo)
KTYNG (Woo)
TAKE (Woo)
MIGHT-Z∞ (Woo)

SILAS Floor:
1-DRINK
ug okamoto (cyderhouse) 
Ryohu (KANDYTOWN | Aun beatz)
DJ Dos Caras
mortsafe
Andry Adolphe
D.I (SILAS | CHILL OUT)

Food:
Eat Bongo!

Open 10PM
¥1000 Before 11PM
¥2000 Under 23
¥2500 GH S Members
¥3000 W/F
¥3500 Door

Supported by SILAS
Produced by PRIMITIVE INC.

Tom of EnglandことThomas Bullock。DJ Harveyと結成したMap of Africaや、Eric DuncanとのRub N Tugでディスコシーンを牽引してきた歴史の生き証人とも言えるだろう。その奇才ぶりは衰えることもなく、近年アンダーグラウンドで音楽やアート、ファッションを繋ぐWill Bankhead のレーベルThe Trilogy Tapesからもカセットテープ(!)で作品をリリースしている。約5年振りに実現する貴重な来日公演では日本を代表するダンスミュージックデュオのForce of NatureとMonkey Timersも登場。CONTACTフロアではアンダーグラウンドハウスを標榜してきたパーティーチームWooKenji TakimiとYOPPIがゲストとして参加する。さらにツアーをサポートするSILASによって3つめのエリアも誕生。なんとも贅沢な一夜となる。なお会場では世界を股にかけるイラストレーターFERGADELICが手掛けるレーベルヴィジュアルがプリントされたTom of England主宰のSTD RecordsとSILASによるコラボTも限定価格にて販売される。
文:大山陽一(PRIMITIVE INC.)

 

 

アケマシテ オメデトウゴザイマス!!!!! 本日THROW BACK 2000's at Vision Tokyoデス!!!

 

f:id:hynm_show5:20180113185215j:plain

アケマシテ オメデトウゴザイマス!!!!! 本日THROW BACK 2000's at Vision Tokyoデス!!!

 ホンネン モ ヨロシクオネガイイタシマス!!!!!

http://www.vision-tokyo.com/event/b-l-k?event=club&lang=

 

2000年代を過ごした方は爆音で聴くとヤバイとおもいます!

是非オマチシテオリマス!

 

 

 

メインフロアはHIPHOP超最前線のKillercrewです!

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

show5.blog.houyhnhnm.jp

イタいスナップ写真・・・ #諸行無常クン #17才

f:id:hynm_show5:20171218054030j:plain

f:id:hynm_show5:20171218054132j:plain

f:id:hynm_show5:20171218054201j:plain

f:id:hynm_show5:20171219144234j:plain

f:id:hynm_show5:20171218055253j:plain

 

f:id:hynm_show5:20171218054226j:plain

 

f:id:hynm_show5:20171219144626j:plain

f:id:hynm_show5:20171218054259j:plain

f:id:hynm_show5:20171219144901j:plain

f:id:hynm_show5:20171218054412j:plain

 

こちらContainerさんに 生い立ちから現在にいたるまで ロングインタビューして下さいました。

 

container-web.jp

 

そして、いろいろ思いだす為に 整理していたら

昔のイタい写真が出て来て・・・(笑)

でも こういう90年代後半のみんなのB-BOY写真を集めたら面白いんじゃないかって

思った。外国の友人も面白がっていたし、当時のアジア人 日本人にも

こういう格好してた人達がいたって あんまり知られてないだろうし、今だからこそ

面白い気がするなー。